酵素原液 ランキング

おすすめの酵素原液ドリンクのランキング!!

挿絵

私はいままで、有名・人気なモノからあんまり知名度がないモノまで、いろんな酵素原液ドリンクを試して来ました。

その中から、本気で
これ、イイ!!
実感出来た酵素原液ドリンクをランキング形式でご紹介します。
ぜひ、参考にしてみてくださいね (*´∀`*)

また、ランキング順位の基準については、ランキングの後にご説明します。

酵素原液のおすすめランキング!!

優光泉

口コミ評価 優光泉


酵素原液ドリンクといえば、まずは『優光泉』がおすすめです。
雑誌などのいろんなメディアで頻繁に取り上げられているから、知名度もかなり高いんじゃないかと思います。

もちろん知名度だけじゃなく、品質も高いです。
完全無添加で、余計なモノは一切含まれていません。

原材料には、品質にこだわった九州産の野菜が使われています。

返金保証付きで安心だから、「どれが良いのかなー……?」とお悩み中の方には、まずは『優光泉』を試してみられるのがおすすめです。
価格 2本で7,992円(定期コースなら6,372円)
特典 返金保証付き。送料無料。定期コースはオマケ付き

公式サイトへ

野草専科

口コミ評価 野草専科


ダイエット理論に基づいた原料が配合されている酵素原液ドリンク。
品質は文句なしだし、もちろん完全無添加です。

ワインみたいな風味ですごく飲みやすいのも魅力。

でもコスパがちょっと悪めなのと、返金保証がない点だけが残念です。
価格 2,940円(定期コースなら2,350円)
特典 送料無料(定期コースは代引き手数料も無料)

公式サイトへ

毎日酵素

口コミ評価 毎日酵素


成分・品質は文句なし。

ただちょっと、味・ニオイに癖があるので、好き嫌いが別れそう。
リンゴ酢が大丈夫な人なら、ぜんぜん平気だと思います。
価格 6,980円(定期コースなら6,500円で、初回は3,980円)
特典 送料無料

公式サイトへ

野草原液 酵素八十八選

口コミ評価 野草原液 酵素八十八選


原料・製法から品質管理まで、かなりこだわって作られています。
そのため、品質と信頼度には大満足。

また、香料・防腐剤・着色料は不使用で、プラスαの成分として31種類の乳酸菌・酵母菌なども配合されています。

他の商品と比べて、コスパが悪めな点だけが残念です。
価格 16,200円(定期購入なら8,800円。続ければ「ランクUP割引」有り)
特典 送料無料。代引き手数料無料。(定期購入は「6本目が無料」などの特典も有り)

公式サイトへ

アイ酵素(I酵素)

口コミ評価 アイ酵素(I酵素)


『酵素八十八選』と同じ工場・同じ原料・同じ製法で作られています。
そのため、こちらも品質や信頼度は抜群です。

『酵素八十八選』と違う点は、L-カルニチンや食物繊維、コエンザイムQ10などの女性に嬉しい成分も配合されている事です。

そのため、酵素原液にプラスαの魅力も求める方にはおすすめです。
価格 8,700円(定期購入なら6,580円)
備考 お得な「3日間ファスティングセット」などもあります

公式サイトへ

酵素原液のランキングを決めた基準など

  1. 酵素原液100%であること
  2. 無添加
  3. 飲みやすい
  4. コスパ
  5. 返金保証付き
の5つを基準にしました。

なんでこの5つを基準にしたのかという理由は、以下のとおりです。

酵素原液100%であること

”酵素原液”と言っても、その酵素原液ドリンクが酵素原液だけで出来ているとは限りません。
単に”酵素原液”と言った場合は、あくまでも「酵素を原液のまま使っている」というだけで、他の成分(例えば、、水や防腐剤など)も使用されている事があります。
そのため、”酵素原液の量”は商品によって異なります。

大袈裟に言うと、仮に0.1%しか酵素原液が使われていなくても、酵素原液ドリンクだと表記できちゃうんです。

まぁ、濃ければ濃いほど良いとも限りませんが、せっかく”原液”を選ぶわけですから、余分な成分の入っていない”原液100%”がおすすめです。

無添加

これ、一番重要だと思います。
理由は、
添加物が酵素の働きを邪魔するから場合があるから
です。
添加物が入ってたら絶対ダメってわけじゃないですけど、やっぱり余計なモノは入ってない方が気持ちいですよね。

飲みやすい

中には飲みにくいのもあって、そういうのは続けるのが辛いです。

価格

値段と品質はある程度は比例しますけど、やっぱりコスパは良い方が嬉しいですよね。

返金保証付き

酵素原液ドリンクは体に直接摂り入れるモノだから、どんなに評判・口コミが良くても自分に合うとは限りません。
味についての感じ方も、個人差が大きいと思います。

そのため、返金保証があると安心ですよね。

逆に、こういうのはあんまり考慮していません

美容・ダイエット関連の商品て、付加価値の付いてるモノって多いですよね。
酵素原液ドリンクも同じで、中には「美容成分も配合!」みたいな商品もあります。

でも重要なのは「酵素原液ドリンクとしての魅力はどうか?」だと思っています。
なので、美容成分みたいな付加価値はあんまり気にしてないです。

もちろん、酵素原液ドリンクとして満足できた上で、女性に嬉しい美容成分も入っていれば、それが最高なんでしょうけど。

>>ランキングに戻る

やっぱり、”返金保証付き”が安心だと思います

私は「次はどの酵素原液ドリンクを試そうかなー?」って時にはいつも、たくさんの方々の口コミを参考にしています。

それでいつも思うのが、
「その商品でダイエット効果を実感できた人もいるし、そうでない人もいる」
という事です。

まぁ、当たり前と言えば当たり前ですよね…… (´Д`;)

酵素原液ドリンクは体内に直接摂り入れるものだから、個人差が大きいのは当たり前だと思います。
酵素原液ドリンク以外の環境(食習慣や生活スタイルなど)だって、人それぞれなわけですし。

また、味・ニオイの感じ方も、個人差が大きくて当たり前ですよね。

そのため、どんなに口コミとかで評判が良いモノでも自分に合うとは限りませんので、返金保証付きの商品を選ばれる方が安心だと思います。

そういうわけで、ランキングでもご紹介したとおり、私の一番のおすすめは『優光泉』です。
もちろん私だけでなく、すごく沢山の方々が口コミで高評価されていますし、返金保証付きです。

↓↓↓『優光泉』↓↓↓

酵素とは?働きや種類は?

難し言い方をすると、”酵素とはタンパク質の一種”です。

人間を含むすべての動物は、酵素なしでは生きていけません。
酵素は、
  • 食べた栄養素をエネルギーにする
  • 脳や体を動かす
  • 老廃物や毒物を排出する
などの役割を担っています。
つまり、どんなに栄養素を摂取したとしても、酵素が足りていなければ、十分な生命維持活動さえ出来ないんですね。

◆酵素の種類
酵素なんて普段は気にする機会がないですけど、実は普段の食事などでも、体内に摂り込んでいます。
酵素はいろんな食物に含まれていて、食物から摂れる酵素の事を「食物酵素」と呼びます。

また、酵素は体内で常に作られていて、体内にある酵素の事を「体内酵素」と呼びます。

機能の面で酵素を大きく分けると、
消化酵素:食べたものを消化分解してエネルギーにする
代謝酵素:エネルギーを使う(新陳代謝)
という2つがあります。

酵素とダイエットはどういう関係があるの?

私たちは、酵素不足になりがちです。
酵素不足だと、十分に消化・代謝ができません。

また、消化酵素と代謝酵素は「消化酵素が優先して使われ、消化酵素が使われると代謝酵素の量も減る」という関係になります。

というわけで、消化で精一杯になると、十分な代謝が出来なくなってしまい、結果として太ります。

一方、酵素ドリンクなどで十分な量の酵素を摂れば、消化・代謝が滞る事がなくなり、ダイエットにつながります。

>>ランキングに戻る

酵素はなんで不足しがちなの?

私たちは、酵素が不足しがちです。

では何故、酵素は不足しがちなんでしょうか?

重病や摂食障害などの特殊な状況を別にすれば、「消化酵素の使い過ぎ」が主な原因です。

消化酵素は
  • 食べ過ぎ
  • 飲みすぎ
  • 喫煙
などにより、どんどん消費されます。

酵素が不足してるとどうなるの?

先ほどご紹介したように、酵素には
  • 消化酵素
  • 代謝酵素
があります。

この2つはまったく無関係の別物というわけではなく、「どっちかがたくさん使われると、もう片方も減る」という関係にあります。

私たちは消化酵素が不足しがちですが、同時に代謝酵素の量も減ってるわけです。

消化酵素は、食べたものを消化し、栄養素を体に取り込む役割を担っています。

代謝酵素は、新陳代謝(古くなった細胞を新しい細胞に替える、老廃物や毒素を排出する、など)の役割を担っています。

なので、消化酵素が不足⇒代謝も落ちる⇒太る、という流れが出来てしまいます。

さらに、消化されなかった分は、老廃物として体内に蓄積されます。
これが、”宿便”と呼ばれるものです。
宿便は便秘や肌荒れ、口臭、体臭の原因にもなります。

さらに、老廃物は血管にも流れ出て、ドロドロ血液の原因にもつながります。

私たちにできる対策としては、
  • 酵素を食べ物から積極的に摂る
  • 酵素ドリンクなどで摂る
  • 消化酵素を無駄遣いしない(暴飲暴食、飲酒、喫煙など)
などがあります。

ちなみに、例外も多いですが、酵素の多くは50〜70℃に加熱されると非活性化(機能しなくなる)と言われています。
そのため、料理する際はなるべく生や低温調理を心がけましょう。

>>ランキングに戻る

酵素ドリンクは加熱されてるから意味ないって本当?

先ほどご紹介したとおり、酵素の多くは50〜70℃になると非活性(機能を失う)と言われています。
(例外の酵素も多いみたいですけど)

それなのに、なんと、
「酵素ドリンクは、製造過程での加熱が法律で定められている」
そうです。

それじゃあ、多くの酵素が非活性化するから、酵素ドリンクを飲む意味って……?

でも、意味は十分にあるみたいです。

酵素ドリンクはその製造過程で、成分がアミノ酸レベルにまで細かくなっている(低分子化)からです。

酵素ドリンクで摂り込んだ低分子化された栄養素は、消化酵素を消費する事なく消化されます。

消化酵素を消費しないで栄養素を摂ると、代謝酵素が存分に働いてくれます。
そのお陰で代謝が良くなり、脂肪の分解や老廃物・毒素の排出も進み、ダイエットがスムーズに行くわけです。
また、酵素ドリンクで摂ったアミノ酸は、体内酵素の素になったり、体内酵素の働きを助けたりします。

というわけで、酵素ドリンクは加熱されて酵素が非活性化してても、十分に意味があるんですね。

>>ランキングに戻る

やっぱり無添加が良いの?

挿絵

酵素原液ドリンクは完全無添加のモノもあれば、添加物入りのモノもあります。

私は酵素原液ドリンクについては完全無添加派ですけど、別に「添加物入りだから絶対ダメ、悪い」わけじゃありません。

添加物=絶対に悪い!みたいなイメージを持ってる方も多いですよね。
でも添加物といっても、無害なものも多いですし、むしろ体に良いものもあります。

酵素原液ドリンクに添加物が使われるのには、下記のような理由があるようです。

コストダウン

酵素原液100%のドリンクは、作るのに手間暇がかかります。
そのため、価格も高くなりがち。

そこでコストダウンの一環として、果汁が配合されます。
果汁で薄めた分だけ、安く出来るんですね。

また、同時に「飲みやすさ」も実現できます。

果汁の割合がほんのちょっとだけならまだいいですけど、全体の何%が酵素原液で何%が果汁なのか明記されていないと、酵素原液の配合量はわかりません。

あんまり安価な酵素ドリンクの場合、果汁の割合が高い可能性も考えられます。

味の調整

嫌な味だったら、飲むのがつらいですもんね。
そこで、甘味料や酸味料、糖質などが添加されるわけです。
また、色素で美味しそうな見た目にしたり、美味しそうな香料が添加される事もあります。

飲み心地の調整

割って飲んだ時にちょうど良いトロミや滑らかさになるように、糊料が添加されます。

保存料

いろいろ混ぜるほど、賞味期限が短くなりがち。
そこで、防腐剤・合成保存料が使われがち。
他の添加物はともかく、合成保存料はあんまり望ましくないですよね。

という事で、
「ちょっとくらい高価だって、ちょっとくらい飲みにくくたって、無添加にこだわる!」
か、
「価格や飲みやすさ優先で」
にするかのどちらかになります。

>>ランキングに戻る