酵素ドリンク 価格

酵素ドリンクの価格妥当性をチェックするポイント

挿絵

発酵エキス100%か?(混ざりモノではないか)

酵素ドリンクに果汁や果汁濃縮液が混ざったものは、その時点で発酵エキス(元の酵素液)の割合がさっぱり分かりません。
80%かもしれないし、10%かもしれません。割合まで成分表に書かれないからです。
混ざっている時点で純粋な発酵エキスではありませんから、安くて当たり前です。

食品添加物を使っていないか?

果汁入りにした場合、普通は食品添加物が入ります。
保存料、甘味料、香料、ゲル化剤、色素などが入った酵素ドリンクはたくさんありますが、厳密にいえば酵素ドリンクとは別物ですね。
「発酵エキス入り野菜ジュース」とか「発酵エキス入りりんごジュース」とか言うべきでしょう。

この2点から私は、発酵エキス(元の酵素液)100%かそうでないかで、価格は全く違うべきと考えていまして、発酵エキス100%でしたら720ml入りサイズで7,000円〜8,000円でも妥当。(今の需給関係ではこの価格帯が多いということです)
いっぽう、混ざりものは半分の4,000円以下が妥当で、3,000円以下でもよいのではないでしょうか?

コストパフォーマンスは良いか

中身が同レベルとして、100mlあたりの価格を比較すればコスパ比較でしょう。定期購入が一番安いと思いますので、同じ条件で比較する必要があります。
当サイトでは、1回に飲む平均的な量40mlあたりで安さランキングをつけています。しかし品質の違いは考慮していませんので、その点ご注意ください。

.品質の証はあるか

生産現場の写真や、製造工程といったものです。自信があるなら公式ページで明らかにするはずです。そういう証明があれば価格も含めて信頼できます。

原材料の説明はあるか

発酵させる野菜や果物の種類が多ければいいというわけではありません。
使っている品目はすべて記載すべきですが、それだけでなく、どういう理由でそれを使っているのか?、どこの原産か?、といった形で具体的な説明をしているほうが信頼できますし、価格に反映されている事情が分かります。

要するに、製品に対する想いとか、ストーリーが伝わってくるメーカーや販売者を選ぶべき、と思うんですね。

たとえ10,000円以上しても、その理由がちゃんと述べられていて、価値を納得できればOKです。信頼出来ない3,000円のものを買うより、よっぽど良いと思いますがいかがでしょう?

↓↓↓イチオシの酵素原液『優光泉』↓↓↓



>>酵素原液ランキングはこちら!!